TOP > CATEGORY > 読書
TOP | NEXT

リストマーク [読書]墓地を見下ろす家 

2009年11月10日 ()
今日は朝から京都に行って、今日とコンポーザーズオーケストラのリハ。
そして午後は須藤雅彦クインテットのリハ。
その間に移動も含め時間がかなりあったので、読みかけの本を読破。

墓地を見おろす家 (角川ホラー文庫)
4041494117

ホラーを読んで初めて「読まなきゃ良かった…」って思いました。怖くて。
でも怖いのに面白くて、先が気になって読みたくなる。
お化け系はたいてい平気なのですが、これはなかなか…。
エレベーター怖い…。

クライマックス近くで一箇所、矛盾している気がする一文があり少し気分が萎えましたが、総合的にはかなり怖面白かったです。
ホラーとか推理物とか、緻密な描写が必要なジャンルでは
ほんのちょっとの矛盾が命取りになるんだなぁ、と感じました。

[2009.11.10(Tue) 21:39] 読書Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク [読書]ボッコボコにしてやんよ! 

2009年10月31日 ()
不朽の名作。もはや説明不要。
星新一、最高ですわ~。

ボッコちゃん (新潮文庫)
4101098018


星新一のショートショート作品集ほど本屋での立ち読みに適した本があるだろうか。(いや、無い。)
ボッコちゃんはちゃんと買って読みましたけどね。

[2009.10.31(Sat) 12:35] 読書Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 久々読書ネタ 

2009年09月15日 ()
ドラクエ9がおもしろすぎるために遅々として進まなかった読書。
しかもよりによって、そんなときに読んでいたのが文庫本3冊分の長編。
このままでは埒が明かん、ということで、昨日の晩と今日とで第二部の終わりの方から第三部の最後まで一気に読みました。

ガダラの豚〈1〉 (集英社文庫) ガダラの豚〈2〉 (集英社文庫) ガダラの豚〈3〉 (集英社文庫)

中島らもの『ガダラの豚』です。
内容は純粋な『娯楽小説』です。
第二部までは、アフリカの呪術医に対する科学的な分析や現実的なアプローチがあり、まだ論理の通用しそうな世界の話でした。このオカルトチックな話にどう収拾をつけるのかと期待して第三部に進みましたが…。
第三部からはもうメチャクチャのドタバタで、クレヨンしんちゃんの映画を見ているようでした。頭の中で再生される映像は、『ヘンダーランド』のオカマ魔女との、あの伝説のチェイスシーン…。
アニメの見すぎだろうか…。

(以下ネタバレ有り注意)

クリックして続きを読む↓











しかし、最終的に呪術は呪術であり、実際に存在して力を持つもの、というようなオチであったため、ホラーとかで言う『怨念オチ』と似たようなもやもや感はありましたね。途中までは、超常現象の裏を暴いてやる!みたいな人ががんばってたので期待していただけに、残念です。
心霊現象とか超能力とか呪いとかいったものに実は入念なトリックが仕掛けてあって、実は天才ハッカーや科学者が犯人だった!というようなオチの方が僕は怖いのですが。僕はどうやら『伏線の回収』っていうのが巧みな文章が好きみたいです。そういうので言うと、東野圭吾の『放課後』ってのは非常に好きでした。星新一のショートショートなんかも、コンパクトにまとまった伏線の回収が見れるので好き。ガダラの豚の次は、星新一を読むのです。

放課後 (講談社文庫)

続きを読むを折りたたむ↑

[2009.09.15(Tue) 16:09] 読書Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク [読書]ハゲタカ 

2009年05月12日 ()

ハゲタカ(上) (講談社文庫)  
真山 仁
4062753529

ハゲタカ(下) (講談社文庫)
真山 仁
4062753537


また企業買収を題材にした小説を読みました。
『億』を基本に話が進むので、理解できない金銭感覚ですね。
NHKでドラマもやってたそうです。見てないけど。

用語が難しいのはともかく、
いきなり知らない人が当然のように出てきて話に加わったり、
かなり前の方に出てきた話が終盤近くに出てきて、思い出すのに時間がかかったり、
とにかく読むのに時間がかかった…。
話の内容は大まかなとこでは面白いし、主要キャラの濃さもいい味ですが、
細かいとこは全然覚えていません。

前に読んだ『不当買収』には
「M&Aの知識があまりない人にも読んでもらおう、そしてこれを機に会社や株のことに少しでも興味を持って欲しいなぁ」
というオーラが感じられましたが、
この『ハゲタカ』は、「M&Aの知識があるor興味がある人を対象にしたエンターテイメント小説」という感じでしたね。用語の解説が無いこともあるし。

なんかくやしいので、少し勉強してもう一回読むかなぁ…。

『ハゲタカⅡ』も上下巻あるんだよなぁ。
少し期間を空けてから読みます。
しばらくは易しい本が読みたい…。

[2009.05.12(Tue) 00:11] 読書Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by がくがく
はい、現役商学部生の僕がきましたよっと。

by Yokoo!BB
現役というより、もはやベテランの域でしょう。

コメントを閉じる▲

リストマーク 不当買収/明日はっていうか今日は 

2009年04月14日 ()
またまた読書ネタです。
最近は一週間に1冊くらいは本を読んでるんじゃなかろうか。驚異的な量だ。

数字に弱く、そういう系統の話はできるだけ避けて通りたい僕ですが、
今回読んだのは近代資本主義社会を舞台にしたお話です。お金の話です。

4062761114不当買収 (講談社文庫)
江上 剛

講談社 2008-07-15
売り上げランキング : 28678

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

TOB(敵対的買収)をかけられた企業と、買収をかけたファンド、その関係者の思惑を登場人物それぞれの視点から描写したお話。
僕には全く縁の無い世界の話なので、最後まで読みきれるか不安でしたが、
企業買収に関する難しい用語は登場人物自ら解説してくれるし、
巻末には主な用語の解説も付いているので分かりやすく、ストレスなく読めました。
冷た~いカネの世界のお話と思いきや、最終的には人間ドラマなんですけどね~。

大学の経営学とかそのへんの講義で聞いたことのある言葉がけっこう出てきて、
あの時もうちょっとちゃんと勉強しておけばもっとスムーズに読めたのになぁ、と思った。
大学生諸君、勉強しないと後で絶対後悔するので、
せめてYoutubeやニコニコ動画を見る時間を半分に減らして勉強に充てなさい。
でもまあニコ動も大事だと思うので、ほどほどにね。
楽器を練習する時間は削らないことをオススメする。



明日は、というか今日14日は
大阪・天満駅近くの「バンブークラブ」でベースの権上くんのリーダーバンドです。
このバンドはベーシストの曲を多くやります。今回はミンガスやります。
濃い~のが好きな方は是非!!!
詳細は左サイドバーの"Live"か、権上くんのブログからどうぞ。
そんでまたこの「バンブークラブ」は妙に居心地が良いんですわ~。

[2009.04.14(Tue) 00:45] 読書Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

バンブー by まろん
出演したことあります。
えらくアットホームなお店ですよね。
娘さんはもうバークレーから
帰って来たんでしょうか??

by Yokoo!BB
今回のライブもえらいアットホームな感じでした~。
雨がすごかったです。

コメントを閉じる▲

TOP | NEXT

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

twitter

Discography

ブログ内検索

リンク