TOP > カップミュート修理大作戦
 ← ベンツー | TOP | WJCの感想/明日、明後日のライブ/裁判員

リストマーク カップミュート修理大作戦 

2008年12月03日 ()

カップミュートのコルクが磨り減ってきました。カップミュートはこのコルクでラッパのベルにしがみついているわけです。コルクが減っているとベルに限りなく密着してしまい、音量が小さくなりすぎて音程も不安定になります。
そこで今日は、コルクの交換をしてみたいと思います。

続きは、Webで。
いや、"続きを読む"をクリック。
カップミュート修理作戦1








カップミュート修理作戦の道具今回使用する道具はコレ。左から。
『コルクシート』 ロフトで購入。このサイズのものが4枚入りだったので、もう一生コルクに困ることはあるまい。
『やすり』 ガンプラ作る時に買ったやつ。
『カッターナイフ』 カッターはオルファ
『セメダインスーパーXG』 ミュート本体はプラスチックで、コルクは木材なので、違う材質同士でもよくくっつくセメダインが妥当っぽいです。
3つのコルクのうち1つはまだ耐えられそうなので、2つだけを取り替えることにした。
古いコルクをカッターで切り取る。
大雑把に切り取っておいて、残ったところは削る!ひたすら削り取れ!
カップミュート修理作戦2
カップミュート修理作戦3
接着面はやっぱり平らな方がいいだろうと思うので、ヤスリで削り残したコルクを平らにしていく。コルクと一緒に表面のプラスチックコーティングが剥がれて、中身が見えてしまった。
平らになったところで、コルクを適当な大きさに切り出し、カッターとヤスリでそれらしい形に加工する。
そして、古いコルクを切り取った部分にセメダインをたっぷりつけて、先ほど作成したコルク片を圧着!!!
セメダインがハミ出ますが、乾けばなんとかなる。

う~ん、少しコルクが厚すぎるようだ。これだとベルとミュートの間にスキ間ができすぎて、十分なカップミュート効果を得ることができない。様子を見ながら、コルクをヤスリで削って調整してみます。
カップミュート修理作戦4

おしまい。
結構簡単で楽しいので、カップミュートのコルクが磨り減って困っているトランペッターの方は試してみてください。あっ、コルクは僕があげます(笑)
僕が使ってるミュートは実は厳密にはカップミュートじゃないんですけどねー。カップの切り口が直線で、ゴムみたいのが巻いてあるこういうのは"MIC-A-MUTE"っていうらしいです。マイク・ア・ミュート?ミカミュート?読めないw

あと、全く関係ないですが、セメダインって聞くと、どうしてもダイの大冒険の獣王クロコダインを思い出してしまう。終盤のクロコダインの空気っぷりといったら、もう本当に見てらんない。

[2008.12.03(Wed) 01:32] トランペットのことTrackback(0) | Comments(1)
↑TOPへ


COMMENT

by gakugaku
モンスターじいさんにあずけられっぱなしの2軍モンスターを忠実に再現してますね、あれ。

コメントを閉じる▲

 ← ベンツー | TOP | WJCの感想/明日、明後日のライブ/裁判員

COMMENT

モンスターじいさんにあずけられっぱなしの2軍モンスターを忠実に再現してますね、あれ。
[ 2008.12.06(Sat) 00:37] URL | gakugaku #RHUSrk0o | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yokoobb.blog88.fc2.com/tb.php/1003-2eaa4bb7
 ← ベンツー | TOP | WJCの感想/明日、明後日のライブ/裁判員

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

twitter

Discography

ブログ内検索

リンク