TOP > たまにはロイでも/オリジナル曲の話/譜面の話
 ← 花粉 | TOP | 数独

リストマーク たまにはロイでも/オリジナル曲の話/譜面の話 

2009年02月25日 ()
たまには新しいジャズを聴こう。
Roy Hargrove(ロイ・ハーグローヴ)を聴いています。
ロイもサイドメンたちも、みんなテラウマスなぁ~。
スタンダードとか古いバップの曲なんかもやってて、それはそれで良いのですが、やっぱりこの人らはオリジナルが圧倒的にカッコイイです。

オリジナルといえば、最近は人のオリジナル曲やアレンジ曲をよく演奏しますが難しいですね。難しいと同時に楽しくもあるのですが。
1枚の紙から、誰も演奏したことの無い曲が音になる様子は興奮です。
しかし、メロディーを間違えまくったり、コードチェンジが難しかったり変拍子だったりしてアドリブがボロボロだったりすることが多いので、ライブ後には激凹みであることも多いです。皆さんには申し訳ない気持ちで一杯です。
共演しているメンバーの皆さんはほんとに譜面に強すぎてびびります。

それでも去年の今頃と比べれば僕もずいぶん譜面には強くなったと思います。
特にB♭譜(トランペットのキーでの譜面)ではけっこう自信がついてきました。去年はいろんなビッグバンドで初見orほぼ初見で演奏したので、その効果が出ているのか。初見余裕な強者たちは、皆さん口を揃えて『譜面は“慣れ”だ』と言いますが、やはりそのようです。
細かい音符で埋め尽くされたいわゆる“黒い”譜面はまだまだ苦手です。
今年は黒譜面も克服して「私の読譜力は53万です」と言えるまでになりたいです。

去年の今頃 : 「読譜力たったの5か!ゴミめ!」
今現在は1500くらいはあると思いたい。サイバイマンくらい。

[2009.02.25(Wed) 00:36] 音楽Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 花粉 | TOP | 数独

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yokoobb.blog88.fc2.com/tb.php/1038-dcf57c70
 ← 花粉 | TOP | 数独

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

twitter

Discography

ブログ内検索

リンク