TOP > 災害と情報リテラシー
 ← 明日、神戸でチャリティーコンサート。 | TOP | Yusuke Imanishi "Crisp"本日発売!

リストマーク 災害と情報リテラシー 

2011年03月23日 ()
たまには昔のYokoo!BBスタジアムを思い出して、音楽と関係ないことも書きます!

現在お気に入りのAVjyうわなにをするやめr



・・・



東北関東大震災からもうすぐ二週間ですが、インターネットやメディアからの情報を"読み解く力"がこれほど重要だと思ったことはありません。

"読み解く力" すなわち "リテラシー"。

大学の講義で"インターネット・リテラシー"とか"メディア・リテラシー"という言葉はよく聞いていましたが、実際にそのようなものが必要とされるシーンに出くわさないとなかなかその重要性には気がつかないものなのですね。



今回の震災は、ソーシャル・ネットワークが普及した日本における最初の大災害。インターネット経由で様々な情報が交錯しました。
電話回線が麻痺していたためにインターネット経由(ツイッターやメールなど)で救助要請を出して助かった方もいたかもしれません。交通機関の運行情報などをリアルタイムで把握できて助かった方もいるでしょう。
しかし、ツイッターに関しては、その利点よりも問題点の方が大きく浮き彫りにされた感が否めません。実際にツイッターを利用している方は実感しているでしょう。

なぜ、こうも簡単にデマが拡散してしまうのか?
なぜ、出どころの分からない情報が世に罷り通っているのか?
鮮度が命のはずのツイッターでなぜ、古い情報が限りなく拡散するのか?

仮に、僕が、あなたが、とある情報を得たとする。まずするべきことは、出所の分からない・ソースのない情報に関しては"疑う"。疑わしい情報の真偽を確かめるため"ググる"(リサーチする)、またはログを遡り出所を突き止める。その結果みんなに広めたい情報は"つぶやく"なり"メール"なりといった方法で発信するという過程を踏むべきであると思います。これは大災害のときだけでなく、平時にも意識されるべきことだと僕は思います。



情報を発信する側は、『自分の情報に責任を持つ』または『伝聞の場合はソースを明らかにする』ことが大事だと思います。(ソースがない場合は文末に「たぶん」とか何とか書いとけ)
しかしその情報発信があまりにも手軽に行えるが故に、誤情報や悪意のあるものも存在します。だから、情報を受け取る側にも"読み解く力"すなわち"リテラシー"が求められていると思います。与えられた情報を鵜呑みにするのではなく、疑い、リサーチし、いらないものは捨てる、いるものは拾う。
そのためには、冷静でいること:感情的にならないことが必要だと思います。

特に、被災地外の人々がメディアの煽情的な報道やネット上でのデマに振り回されている現状があるようです(必要の無い買い占めなど…)。みなさんは是非とも冷静な判断を。もちろん僕もそうします。

今後は、災害時におけるソーシャルネットワーキングツールの使い方に関するガイドラインも整備しなくてはならないでしょうし、情報リテラシー教育を義務教育くらいの早い段階に組み込むなどの対策が必要になるでしょう(もしかしたらすでに組み込まれているのかもしれませんが、どうなんでしょう?)。
僕も大学に行っていなければ、情報リテラシーという言葉すら知りませんでした。危ない危ない。大人たちにも情報リテラシーとは何かということを広く浸透させなければならないと思います。



以上、災害と情報リテラシーについての私見でした。
長文・乱文失礼。さよなライオン!ぽぽぽぽ~ん!

[2011.03.23(Wed) 02:44] 時事問題Trackback(0) | Comments(1)
↑TOPへ


COMMENT

by A立
よこちんがこんなこと書くなんて意外。昔のブログの面影はどこに…!?

コメントを閉じる▲

 ← 明日、神戸でチャリティーコンサート。 | TOP | Yusuke Imanishi "Crisp"本日発売!

COMMENT

よこちんがこんなこと書くなんて意外。昔のブログの面影はどこに…!?
[ 2011.03.23(Wed) 23:21] URL | A立 #aIcUnOeo | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yokoobb.blog88.fc2.com/tb.php/1357-0dd84b55
 ← 明日、神戸でチャリティーコンサート。 | TOP | Yusuke Imanishi "Crisp"本日発売!

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

twitter

Discography

ブログ内検索

リンク