TOP > 京都コンポでした。
 ← 写真で振り返るジンジャーツアー | TOP | Gingerbread Boys 「Pentagon」 発売日延期のお知らせ

リストマーク 京都コンポでした。 

2011年11月21日 ()
IMG_2369.jpg

昨日はラグタイム大阪で京都コンポーザーズジャズオーケストラのライブでした。
毎回、楽しく演奏させて頂いてます。&とても勉強になります。

僕がビッグバンドで、というか、譜面を使う音楽を演奏するときに気をつけていることなどを何点かまとめてみます。

★ 譜面台は低め&角度深め
譜面台を顔の近くまで高くすると、客席からのビジュアルが悪くなるだけでなく、譜面台の角度が垂直に近くなり譜面が滑り落ちやすくなります。具体的にはトリパックくらいの角度が良いと思います。普段から下目使いで読むように癖をつけておくと良いです。

★ 唾出し用の布は必須。
床が水分を吸わない材質のものだった場合、床に直でおツユを出すと景観を損ねるだけでなく、万が一譜面を落としてしまったときに悲惨なことに・・・。必ず唾出し用の布などを持っています。

★ 譜面への書き込みは後で誰が見ても分かるように書く。
自分以外の人が見てもすぐに理解できるように書きます。トラが入ることもあるし、同じバンドでもソロの都合などパートごと入れ替えることもあるので、できるだけ分かりやすく書きます。必ずあとで消せるように鉛筆で。書き込む内容は以下に書く2点や、リピート回数、長休符のときに他パートで起こっていることなど。

★ unis. div. を書き込む。
最初から書いてくれてるアレンジャーもいますが。ここからユニゾン、とか、ここからハモるとか、前もって分かってるだけで演奏がずいぶん楽になります。

★ アーティキュレーションを書き込む。
特に4分音符に多いのですが、記譜上では切るのか切らんのかよく分からん音符があります。リードラッパの人に聞いてスタッカート(・)かテヌート(―)で記すようにしています。アクセントが付く場合は∧>などを状況によって使い分けます。テヌートを併用することも有り。



わりと当たり前のことが多いですな。
でも大事だと思います。

ちなみに写真は手前から岩ちゃん(tp)高井さん(b.sax)ユンさん(tp)

[2011.11.21(Mon) 15:03] 音楽Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 写真で振り返るジンジャーツアー | TOP | Gingerbread Boys 「Pentagon」 発売日延期のお知らせ

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yokoobb.blog88.fc2.com/tb.php/1396-eaf1b290
 ← 写真で振り返るジンジャーツアー | TOP | Gingerbread Boys 「Pentagon」 発売日延期のお知らせ

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

twitter

Discography

ブログ内検索

リンク