FC2ブログ
TOP >
BACK | TOP | NEXT

リストマーク ライナーノーツ書きました 

2018年06月21日 ()


ことりカルテットなどで共演しているヴォーカリスト谷山和恵さんのCDでライナーノーツを書かせて頂きました。
昨日、全国流通スタートしました!

ギターの巨匠(という域に達してると思います、もはや。)、大野こうじさんを相方に迎えたデュオアルバムで、和恵さんのギター、大野さんのフルートも聴けますよ。

伸びやかで喜びあふれる和恵さんの歌と、華麗な大野さんのギター、朝昼晩を問わず心地よく聴けるアルバムです。おススメです!

レコ発もあるようです。ぜひ本人から直接GETしてください。
6/28(木) 大阪 ミスターケリーズにて!



文章を書くのは好きですが、こうして印刷物になるというのはなかなか緊張しますね。
作編曲と同じく筆は遅いですが楽しく書きました。執筆向いてるかも、と思う次第です。原稿依頼お待ちしています(笑)

[2018.06.21(Thu) 20:45] 音楽Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 地震 

2018年06月19日 ()
う~む、今日は一日なんにもできませんでした。レッスンはキャンセル。気分を紛らわすためにロングトーンをいつもより多めに、とクラークを1st~4th study まで。any key でフレーズの練習をいくつか。
…をやりつつも、twitterのタイムラインをちらちらと見つつ。全然集中してなかったので、なんもせずに一日終わった気分です。あ、ブログのライブスケジュールも更新しました。

うちは軽いものがポロポロと棚から落ちていたくらいでとくに被害もなかったのですが、阪神淡路大震災(当時小4)を経験している身としては、地震の恐怖は体に根強く染み付いているようで、記憶が蘇ってきます。いまは鉄筋コンクリートマンション住まいなので、木造一軒家に住んでいた当時に比べれば揺れは随分弱めに感じましたが…。

被害の大きかった地域の皆様には心よりお見舞い申し上げます。大きな余震のないことを祈るばかりです。まだ気を抜かず万一の事態に備えましょう。

[2018.06.19(Tue) 00:50] 日記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 第九回研究発表会でした 

2018年06月11日 ()


さてさて、先日のハードバップ研究会 第九回研究発表会にお越し頂きました皆様、ありがとうございました。

以下のようなセットリストで進行しました。皆様、復習をお忘れなく。

・Blue Train (Coltrane)
・Mil Dew (Griffin)
・Good Old Soul (Tina Brooks)
・Cry a blue tear (Golson)
・As You Like it (Harold Land)
チェイサー Gongerbread Boy (Jimmy Heath)

・Cheese Cake (Dexter)
・Infant Eyes (Wayne)
・Why Don’t I (Rollins)
・Hank’s Tune (Moblay)
・A Shade of Jade (Joe Henderson)

アンコール Blues up & down (Boss Tenors)



今回、楽譜の枚数としては前回ホレスシルバーの半分以下で済みました。テーマとコードチェンジだけのA4片面だけで済んでしまう簡易な曲が多かったです。そのぶんそれぞれのソロで楽譜以上のものを引き出さなければいいけないので、消費カロリーが凄まじかった!
楽曲を聴かせるのはもちろんですが、ソロプレイの熱量で勝負をかけるテナーマンの心意気を身をもって体感した次第です。



アンコールのBlues up & Down では、出席簿係を務めてくれた佐藤絵美里ちゃんも合流!オットコマエなテナーを聴かせてくれました。
[2018.06.11(Mon) 14:02] ライブレポートTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 明日はハードバップ研究会@萬屋宗兵衛 

2018年06月07日 ()
さて、明日は三ヶ月に一回のハードバップ研究発表会です。

今回は、咆哮、汗、漢(オトコ)、咽び泣く、など様々に形容される楽器『テナーサックス』を自在に操ったハードバップ時代の巨人たちの楽曲を研究します。

今回採り上げる楽曲に関係するテナーマンは、ハンク・モブレー、ベニー・ゴルソン、ジョニー・グリフィン、デクスター・ゴードン、ジョー・ヘンダーソン、ウェイン・ショーター、ハロルド・ランド、ジョン・コルトレーン、ソニー・ロリンズ、ジーン・アモンズ、ソニー・スティット、ティナ・ブルックス、ジミー・ヒース。
盛りだくさんの内容です。もちろんテナーの里村先生大活躍です!

皆様是非お誘い合わせの上ご受講下さい。ご予約いただくと少しおトクです。

6月8日(金)
ハードバップ研究会 第9回研究発表会
GREAT TENORS of HARDBOP ERA
神戸元町 萬屋宗兵衛
http://www.soubei.co/
講師
志水 愛 会長 piano
横尾昌二郎 副会長 trumpet
里村 稔 tenor sax
今西佑介 trombone
光岡尚紀 bass
弦牧 潔 drums

20180608.jpg
[2018.06.07(Thu) 11:24] ライブスケジュールTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 6/4 YokooBB@100BANホール ありがとうございました 

2018年06月07日 ()
20180604YokooBB01.jpg

6月4日、YokooBBで久しぶりのライブでした。公の場での演奏は昨年10月のロイヤルホース以来八ヶ月ぶり。月曜日にもかかわらずたくさんお集まりいただきありがとうございました!

1st
- Let's Fallin Love
- Take The A Train
- Speak Low
- Pray For Rain (comp. by 杉山悟史)
- I Was Here Before (comp. by 権上康志)
- Stroboscope

2nd
- 六甲おろし
- The Sniper
- Someday You’ll Be Sorry
- Autumn Leaves
- Jody Grind
- 波乱の人生を送った末に不幸な事件に巻き込まれて死んでしまった少女の物語
- A Wayfarer (comp. by 今西佑介)

enc.
- My Neighbor TTOTORO

ひさしぶりの杉サマ本人による "Pray for Rain" はひときわ輝いていましたね。昨年から演奏している "Stroboscope" は難しくて長い曲ですが、少しずつ演奏にも慣れてきて細部まで完成度が高まってきたと思います。
今回初披露のアレンジも3曲。"六甲おろし" はダンスバンド的なスウィングジャズ風に。サッチモのオリジナル曲"Someday you’ll be Sorry" はサミーネスティコかデニスマクレル風に。今西佑介さんの名曲 "A Wayfarer" は素材の味をそのままに爽やかに。
リハーサルに取れる時間も充分ではないので、まだまだ細部まで磨きをかけていけると思いますが、そろそろ録音して残したい曲が溜まってきたので(1stに収録できなかった曲もあるし)、2ndアルバムの構想を練り練りしても良い頃かなと思いました。

このYokooBBもそうですが、ほかのバンド、ユニットのことを考えても、本当に僕は自分ひとりではなんにもできなくて、周りの仲間たちに生かされているなぁとつくづく感じます。いつか恩返しできるように、少しずつですができることからコツコツと成長していきたいと思います。

お客様もメンバーのみんなも、ありがと!!

20180604YokooBB02.jpg

20180604YokooBB03.jpg
ひさびさに不死身のトランペッター岩ちゃんとバトルしました。

[2018.06.07(Thu) 11:16] ライブレポートTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


BACK | TOP | NEXT

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

twitter

Discography

ブログ内検索

リンク